小説について

小説の冒頭の書き出しは事件を起こせ!

小説の冒頭の書き出しは事件を起こせ!

オコ
オコ
インフルエンサーノベリストへようこそ!
このブログではインフルエンサーノベリスト橋本利一と
橋本の頭の中の森に住むおこじょのオコが小説の書き方やライフスタイルについて
記事を書いていくブログになっています!

オコ
橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。

物語の語り部として生計を立てている。

橋本利一
橋本利一
インフルエンサーノベリストとは
『自分に影響力を与える物語を自分で書く、影響力は伝播するからきっとあなたにも届くはず』をキャッチフレーズとして
日々発信を行っているよ。

橋本利一
インフルエンサーノベリストを名乗る小説家。
小説家になるために色々な発信をしている。

小説の冒頭の書き出しは事件を起こせ!
「物語は事件から始まる!」



オコ
オコ
ここに橋本利一の死体が存在します!
橋本利一
橋本利一
いや、僕死んでないから。
簡単におこじょに咥えられないから
╰(*゚x゚​*)╯ぉこだょ!!
オコ
オコ
橋本は亀頭包皮炎で死んだのです!
亀頭包皮炎はラミシールで完治亀頭包皮炎はラミシールで完治オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 物語の語り部として生計を立てている。...
橋本利一
橋本利一
あれは死ぬ病気だったのか~
σ・ω・)σいいセンスだ
オコ
オコ
まあ、例えばの話ですよ。
冒頭から死体が転がっていたらびっくりするじゃないですか。
橋本利一
橋本利一
確かに、びっくりするかもね。
オコ
オコ
そういう驚きを積極的に狙っていくのが小説の冒頭では非常に重要なんです。
橋本利一
橋本利一
死体を転がさなくても、なんか事件を起こすことを意識する。
積極的に言葉に動きを付けていくことが、冒頭部では求められるんだね。

小説の冒頭の書き出しは事件を起こせ!
「なぜ、冒頭から事件を起こすのか」



オコ
オコ
冒頭から事件を起こす理由は大きく二つあると考えています。

・読者を物語に引き込むこと
・読者を物語から離脱させないこと

橋本利一
橋本利一
本を買う時は多くの人が冒頭から試し読みをする。
ここで引き込まないと、本を買ってくれないんだよね。
オコ
オコ
あなたが川端康成のような名文を書けるのであれば、冒頭が事件でなくてもいいんですけど、多くの人が美しい日本語なんて書けませんからねえ。
やはり、事件や出来事から入るのが筋でしょう。
橋本利一
橋本利一
もう一つは読者を物語から離脱させないことだね。
序盤が面白いと殆どの読者は続きを読んでくれる。
この効力は第1章辺りまで持続すると橋本は考えるよ。
オコ
オコ
読者に本を閉じさせないようにするのが小説家にとって一番重要なことです。
本を閉じてしまったら、続編を書いても買ってくれませんからね。
橋本利一
橋本利一
冒頭だけではなく、章の入口はかならずなんらかの事件を起こすように執筆のときには工夫しているよ。

小説の冒頭の書き出しは事件を起こせ!
「読者を惹き付ける冒頭の具体例」



オコ
オコ
橋本が読んだ小説の中でこれは惹き付けられたという小説の具体例を紹介します。
橋本利一
橋本利一
まずは、フランツ・カフカの『変身』だね。
ある朝グレゴールザムザが不安な夢からふと覚めてみると、ベッドのなかで自分の姿が一匹のとてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気がついた。

フランツ・カフカ『変身』より

オコ
オコ
主人公が唐突に毒虫に変身してしまったところから始まる物語。
序盤からかなりインパクトがある事件と言えるのではないでしょうか?
橋本利一
橋本利一
『変身』は短編だから、まだ未読の人は是非とも読んでみることをおすすめするよ。
オコ
オコ
この物語はなぜ、毒虫になってしまったのかという謎が読者の視線を引き続ける役目も果たしています。
ある意味、ミステリー要素もあるわけですね。
橋本利一
橋本利一
他には伊坂幸太郎さんの重力ピエロの書き出しも優れているよね。
「春が二階から落ちてきた」

伊坂幸太郎『重力ピエロ』

オコ
オコ
春が二階から落ちてくるってどういうこと?
っていう風になりますよね。
橋本利一
橋本利一
ついつい先を読みたくなる台詞だよなあ。
こういう台詞が書ける人はやっぱり作品も売れるんだろうね。
オコ
オコ
ちょっとした工夫を冒頭の一文に仕掛けると、物語の動きは格段に良くなりますね。
橋本利一
橋本利一
個人的に忘れられない書き出しは時雨沢恵一先生のリリアとトレイズの書き出し。

ばごんっ!
わたしの名前は、リリア・シュルツ。リリアが与えられた名前で、シュルツが名字。
いつも誰からも〝リリア〟と呼ばれるけれど、正式な本名はこれが呆れるほど長くて、〝リリアーヌ・アイカシア・コラソン・ウィッティングトン・シュルツになる。

時雨沢恵一『リリアとトレイズ』

オコ
オコ
これだけ名前が長いとついつい覚えてみたくなりますよね。
橋本利一
橋本利一
リリアのフルネームを全て空で言えるのはちょっとした自慢だったなあ。
オコ
オコ
このように読者に覚えたいと思わせる冒頭を作るのも、ある意味事件と言えるでしょう。
橋本利一
橋本利一
純文学、エンタメ、ライトノベルと紹介してきたけれども、どのジャンルにおいても事件や効果的な冒頭作りが必要不可欠であるということが分かってくれたかと思うよ。

小説の冒頭の書き出しは事件を起こせ!
「まとめ」



橋本利一
橋本利一
今日は小説の冒頭の書き出しには事件を起こせと題して解説をしました。
オコ
オコ
このブログではインフルエンサーノベリスト橋本利一が創作論を中心に様々なブログ記事を執筆しています。
橋本利一
橋本利一
他にも色々な記事を書いているので、是非とも読んであなたの執筆活動に役立ててほしいな。
小説を書くあなたが買うべきパソコンの秘密小説を書くあなたが買うべきパソコンの秘密オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 物語の語り部として生計を立てている...
小説新人賞の賞金は自己投資に使うべき【焼き肉ではない!】小説新人賞の賞金は自己投資に使うべき 【焼き肉ではない!】オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 物語の語り部と...
どうしても小説を出版したいあなたが選ぶ3つの方法どうしても小説を出版したいあなたが選ぶ3つの方法オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 物語の語り部として生計を立...
初心者が学ぶべき小説の書き方初心者が学ぶべき小説の書き方オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 物語の語り部として生計を立てている。...
オコ
オコ
橋本利一は小説を読みに行くという有料サービスを販売しています!
有料で小説を読んで、今まで、こんな感想を書いてきました!
気になる人はリンク先の記事をチェックしてみましょう!
『小説を読みに行く』ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~この子供、卑し系 ちょっとした茶番橋本利一 インフルエンサーノベリストを名乗る小説家。 カクヨム作品を初めて読んだ...
精霊と共に地に満ちよ、竜と共に空を駆けよ――そして〝知識〟は人へと宿る――小説を読みに行く! ちょっとした茶番オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 2か月ぶりに起動した...
アンカーはネズミの中―理帆のゆうれい事件簿―小説を読みに行くちょっとした茶番(adsbygoogle = window.adsbygo...
【最弱種(人類)で孤児の少年】美貌の万能エルフに構われるも人工惑星は狂っている【最弱種(人類)で孤児の少年】美貌の万能エルフに構われるも人工惑星は狂っているオコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。...
『猫は朝霧に燃ゆ』を読んでみた!猫は朝霧に燃ゆを読んでみた!オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 物語の語り部として生計を立てている。...
橋本利一
橋本利一
サービスの詳細は下記リンクからどうぞ!
ご質問等は橋本利一のTwitterDMにて承っているよ!
インフルエンサーノベリストの商品とサービスインフルエンサーノベリストの商品とサービスの販売 購入の際の注意点サービスのご予約状況について...