物書きについて

小説を書くための会社での行動法

どんな行動をしても給料は同じなのです!!

3つの最善手を打つべし

小説家を諦められなくて大人になってしまった橋本利一です。

学生デビューという夢は消え失せ、

辛いフリーター生活を送ること3年。

鬱病を患い、ストレスの余り、食べ過ぎて激太り、

視界が歪み、手が震え、眠ることさえ難しくなっても、

小説を追いかけ続けた橋本は、一世一代の大勝負に出て、

本業に就職をしました。
YOTAKAPAKU6749_TP_V
本業は本当に暇です。やることがなさすぎて、生きている意味を見失いかけますが、

考える時間は山のようにあるので、橋本がとるべき、仕事での最善手を考えてみました。

如何にして、小説を書く時間を確保するのか。

労働者の物書き志望は必見なのです。

1,ホワイト企業に就職をする

高収入は諦めましょう。

収入が高い企業というのは、得てして、忙しいものです。

小説を書いて、自分を売り込むという手法を取れば、

後からいくらでも収入は入ってきます。

まずは、自分の基盤となる小説を書く時間が取れる企業に就職、

転職をすればいいんです。

8時間労働時間があって、頑張れば2時間くらいで仕事が終わるような職場を見つけます。

当然、残業や土日出勤なんてものはありません。

そんな職場ねえよなんて、思っていませんか?

それは、探し方が甘いんですよ。

事実、橋本はきっちり見つけましたからね。



転職はガチャです。ぶっちゃけ、良い企業に当たるのは運だと思います。

そして、大事なのは妥協するポイントを間違いないことです。

収入面は諦めましょう。

あなたは小説で収入を得るのです。

いつまでも、お給料で生活をする労働者ではダメなのです。

仕事量、残業、土日祝日出勤、有給休暇の所得状況は譲ってはなりません。

あなたの小説と精神を回復させるためには、必要なのです。



エージェントはホワイト企業を引く成功確率は高いと思います。

転職に精通したプロがあなた専属のエージェントになってくれますからね。

おまけに、利用料が取られることもないですからおすすめですよ。

2,昇進は断る

昇進を断ることは大事ですね。
yotakaGJ0930_TP_V
ホワイト企業とはいえ、企業は企業。

昇進すれば、責任が重くなり、仕事量と精神的な抑圧は確実に増すのです。

小説を書く暇などなくなるでしょう。

管理職なんてもってのほかですね。部下の世話をするくらいなら、

キャラクターの管理をしっかりしましょう。

小説家になりたいという夢は、ブレてはならないのです。

3,異動希望は出さない

人間関係が破綻していない限り、異動希望は出さない方がいいでしょう。
00_PP22_PP_TP_V
異動をすれば、再び業務を憶える手間が増えます。

業務を習熟していれば、早く仕事を終わらせることができ、

より、小説に時間を割くことができるわけですね。

新しい経験がしたい、つまらない単調な仕事が嫌だ、

異動したいという気持ちは我慢しましょう。

なぜなら、あなたは小説家なのです。

単純労働者ではないのです。

『11月の0円スポンサー』

★関連記事★
天狼を知っているかカワイイ女の子に乗る物語だ

インフルエンサーノベリストは、

山下泰昌先生の著作である『bella peregrina. カワイイ天狼(オル)の育てかた。

を応援しています!