インフルエンサーノベリスト戦略

世界最強のインフルエンサーを発見した

世界最強のインフルエンサーとは??

そもそも、インフルエンサーとは?

橋本はインフルエンサーノベリストです。

インフルエンサーノベリストとは、

★関連記事★
インフルエンサーノベリストとは?

橋本が作った造語ですね。

インフルエンサーという言葉は存在します。

ちゃんと、ウィキペディアにも載っていますよ。

inhuru

世間に与える影響力が大きい行動を行う人物とのこと。

最初に使われだしたのはブロガーなんですねえ。

じゃあ、最強のインフルエンサーって誰だろうと考えてみました!

影響力の師匠イケダハヤトさん

サクッと思いつくのは、橋本の影響力の師匠イケハヤさんです。

ikehaya
橋本の頭の中では、最強のインフルエンサーです。

影響力を受けて、聖地巡礼まで行っています。

★関連記事★
イケハヤさん聖地巡礼の旅①

イケハヤさんのフォロワー数は18万人!

ちょっとした自治体並みの規模ですが、

日本にはまだまだ影響力が強い人はいます。

最強の動画配信者ヒカキンさん

ヒカキンさんは日本を代表する動画配信者です。

彼の作る動画が好きで、橋本もよく観ています。


他にはないオリジナリティと圧倒的更新力。

やっぱり、一定量を毎日量産できる人が伸びるのは間違いないのかなあと思います。

ヒカキンさんのフォロワーは、約280万人。

大都市並みの人口規模です。まさしく、動画配信界の神ですね。

日本最大のフォロワー数有吉弘行さん

芸能人は強いですねえ。テレビはオワコンだなんて言われていますが、

まだまだ影響力の高さは敵いません。

有吉さんは発言が過激なので、言葉に惹かれる人も多いのでしょう。

有吉さんのフォロワーは、約700万人。

とんでもない、数値になってきました。流石は、日本最強。

世界最高のフォロワー数ケイティ・ペリーさん

220px-Katy_Perry_UNICEF_2012

橋本はちょっと知らなかったんですけれど、

アメリカのシンガーソングライターさんのようです。

美人で歌姫。完璧な組み合わせですね。そりゃあ、フォロワー数も付きます。

フォロワー数は約1億人超え。

日本の人口に近づいています。一人でこれだけの影響力を稼ぐなんて、

世界最強と言えるのではないか・・・。

ちょっと、待って欲しい。(`・ω´・)

現在のフォロワー数22億人。世界最強のインフルエンサーとは??

世界最強のインフルエンサーは世界人口73億人に対して、

22億人のフォロワーを抱えています。

しかも、ツイッターが誕生する2000年以上昔に誕生し、

インターネットが無いにも関わらず、足を使い、血を流し、影響力を世界中に広めました。

そう、彼の名は・・・。
Images-of-jesus-christ-1-1
イエス・キリストさんです。

断っておきますが、橋本は無宗教です。キリスト教の回し者ではありません。

しかし、彼の影響力、凄まじいのは事実なのです。

彼の呟きは、世界最高発行部数を誇っています。

そうです。聖書です。
20160813200416
橋本も読みました。あらゆる物語の類型とされているだけあって、

なかなかの読み応えです。ファンタジーを書くなら、物書きとして、

聖書くらい読んでおかないと恥をかきますよ。

と、昔言われたことがあったので読んだのです。

著作権はありませんので、ネットで無料で読めますよ。

ググッてみてくださいね。

イエス・キリストさんの影響力は、

あらゆる芸術、科学、政治、経済、文明等に多大なる影響力をもたらしています。

仏教と、イスラム教を合わせたら、

世界のほとんどを宗教という影響力が広がっているんですね。

いやあ、ほんま凄いわあ。

イエス・キリストさんの影響力の凄いところは、

相互フォローなんですよね。信者になるというフォローをして、

教会に行くと、神はいつもあなたを見ていますよと言われるはずです。

罪を犯しても、ブロックされません。あなたを赦しますと言われるのです。

ほんま、すごいですな。そりゃあ、世界最強のインフルエンサーなのです。

世界最強のインフルエンサーから学ぶこと

宗教に入りましょうなんてことは言うつもりはありませんし、

神がいるのか、いないのか、なんてことはわかりません。

しかし、学べることはあります。

重要なのは、相互フォローを結ぶということです。

フォローとはあなたを見ていますよというアピールなのです。

見られると嬉しいですよね。だから、フォローを返してくれる。

相互フォローとなった絆は本当に強いです。

イエス・キリストさんが死んだ後も、

教えを引き継いだ者たちは国まで作っているんですから。

橋本は国とまでは言いませんが、

クリエイターが物語を共有できるコミュニティは作りたいと考えています。

そのために、今日もあなたをフォローするのです。