小説の新人賞

小説新人賞解説~電撃大賞~

DSC_0177
橋本は電撃が大好き!!

電撃文庫とは?

橋本のブログには、多くの物書きがやってきます。(ほとんどが橋本)

故に新人賞の解説の需要があるかなと思い、記事を書いてみることにしました。

★関連記事★
小説すばる新人賞の解説

以前にもやったことがあるのですが、ちゃんと解説するのは初めてですね。

まずは、電撃からご紹介しましょう!
dengeki
電撃文庫とは、

KADOKAWA/アスキーメディアワークスが運営するライトノベルレーベルのことです。

詳しくは電撃文庫のウィキペディアで見てください。

橋本の言葉で電撃文庫をご紹介すると、

ライトノベル界の巨人です。月間の発行部数も恐らく、業界トップですし、

売り上げランキングも上位を独占することがしばしばあります。

denngekiama
執筆現在の電撃のAmazon売り上げランキングです。

僅か3名ですが、電撃のトップクリエイターと言っても過言ではないでしょう。

彼らは、電撃大賞という新人賞に応募したことによって、才能を見いだされました。

どうして、このような才能を拾い上げることができたのか、

電撃大賞を徹底解剖してみます。

1,賞金はライトノベル業界でも最高峰

電撃大賞は賞金300万円と超高額なのです。

dengeki2
昔は100万円だったのですが、

電撃が身銭を切って300万円に上げたという経緯があります。

ライトノベルは中高生に向けて、書かれていますから、

まあ300万円自分がもらえたらと想像するわけです。

中高生には300万円は大金ですからねえ。

橋本も散々妄想を重ねました。

2,応募総数が日本最大

2013年の応募総数が6554です。

凄まじい数ですよこれは。

芥川賞を輩出している文學界新人賞ですら、2500程度ですからね。

★関連記事★
文學界二次選考通過

これだけの応募があれば、珠玉の才能が数多く集まるわけです。

うわあ、電撃6000超えの応募があるのかよ。と多くの中高生が沸き立ち、

応募総数が増加するわけですね。

まあ、昨今のネット小説の加熱もあり、応募総数は下落傾向にはありますが、

日本最高峰の新人賞と言えるのは変わりありません。

3,メディアミックスの数が尋常ではない

アニメや漫画好きなら一度は観たことがあるあの名作の原作者が、

電撃大賞出身なんてことはよくあります。

電撃小説大賞受賞者一覧

いやあ、一度は観たことある人いるでしょう。

ライトノベル物書きなら宝石箱に見えるかもしれません。(橋本には見える)

4,学校の図書館に置いてある

elly20160628465420_TP_V
橋本的には4番が一番大事なのです。

これは、応募要項にも、Wikipediaにも、載ってない情報なのですが、

電撃文庫は学校の図書館に置いてあるライトノベルで、

多くの本棚を占拠しています。

漫画も、ゲームも、アニメも、スマホも、禁止の学校は多いでしょう。

今の中高生は許可されているのかもしれませんが、

橋本の学校は一切の娯楽が禁止でした。

外で遊ぶか、友人と話すかしかなかったのです。

橋本はどっちも嫌でした。

しかし、図書館はあったのです。

漫画は置かれてなくても、ライトノベルは置いてありました。

学校で唯一、公共に認められ、朝の読書の時間でも堂々と読める。

中高生が手に取れるのが、

ライトノベルだと思います。

電撃は橋本に夢をくれました。

文庫の一番最後のページに載っている、電撃小説大賞の広告。

橋本は作品を読破する度に、そのページを目にするのです。

いつか、必ず電撃作家になってやる。

そして、僕みたいに、学校になじめない中高生に夢を届けるんだ。

僕がそうなったように、あなたにもそうなってほしい。

橋本の小説家への道はそうやって始まったのです。

まとめ


電撃への愛が深くて長く書きすぎました。

橋本的には、他のレーベルも好きですよ。

受賞も、昔は電撃にこだっていましたが、

今はどんなジャンルでデビューしても構わないと思っています。

橋本はインフルエンサーノベリストですからね。

★関連記事★
インフルエンサー小説家

もしも、書籍化デビューをするならば、大きなバズがあれば、

あなたの小説は売れるはずです。

電撃大賞受賞はライトノベル業界の新人賞にとって、最大のバズだと思います。

使わない手はないでしょう!

橋本も今年も一作送りました。

★関連記事★
13万文字のラブレター

橋本は電撃の一次選考を通過したことは、一度もありません。

嫌われているのかもしれません。

しかし、応募しなければ、受賞することはないのです。

さあ、あなたも応募しましょう。来年の応募はもう始まっていますよ。

『電撃大賞に応募する』