うつ病闘病記

うつ病で休職した小説家はどうなるのか?

休職する決断

本記事の目次

1,うつ病で休職する決断
1-1筆者のうつ病の現状
1-2うつ状態を我慢し続ける理由
1-3心が弱いという事実に向き合う
1-4うつ病の特効薬とは
1-5あなたができること

【2020年】小説家になろう戦略小説家になろう https://www.hassiy2.com/archives/5445 ちょっとした茶番 ...

うつ病の現状について




橋本利一
橋本利一
オコ、僕は死んだ方が楽なんじゃないかなあ。

橋本利一
インフルエンサーノベリストを名乗る小説家。
このまま生きていても楽しくない。

オコ
オコ
どうしたんですか!
目が虚ろでなんだか別人みたいです……。

オコ
橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。

我慢して生きる人生って苦しくないですか?

橋本利一
橋本利一
僕はずっと長い間うつ状態だった。
毎月、精神科と内科に通い続けて、投薬治療を受ける生活を6年も続けているんだ。
うつ病の治療は綱引きをすること勝ち負けではなくバランスを取る ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 頭の中に住むばけものとの...
うつ病で仕事を辞めるべきか?労働は人を殺す ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 頭の中からでも顔色が分かる ...
うつ病でも小説家になれる精神の不安定を言葉にする ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 橋本の体の具合が心配。 ...
心療内科や精神科に行くのが怖い真っ暗だった人生に光が差した ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 うつ病は頭の中に住むばけも...
うつになった物書き物書きは自分を削る稼業!! 脳みそが過敏になっていた 橋本は14歳の頃に小説家になりたいと思いました。 小説家になるためならば...
わたしはうつだと認めよう橋本は自分のことを敵だと思っていた・・・ 病気であることを認識する ★関連記事★ サウナで気づいたストレスの正体 ★関連記事...
強迫性障害と診断されました心療内科を受診して ちょっとした茶番 橋本利一 インフルエンサーノベリストを名乗る小説家。 悩みが多い人生 ...
オコ
オコ
もう2020年になりましたので、7年目になります。
橋本利一
橋本利一
もう、ここ2年くらいは元気に1日を送れた日がない。
毎日、頭痛と吐き気と下痢で冷や汗を垂れ流しながら、会社に行ってた。
休みの日も妄想や幻聴が止まらなくて、何が現実で、何が幻なのか判断できなくなっていたんだ。
オコ
オコ
我慢に、我慢を重ね続けてきました。
常軌を逸した忍耐力だと思います。
橋本利一
橋本利一
頭痛があろうが、吐き気があろうが、下痢があろうが、冷や汗が出てマウスが故障しても、幻聴や妄想が止まらなくて、辛くてしんどくても、僕はまともな人間のふりをし続けたんだ。
可能な限りは仕事はして、薬でふらふらになりながらも、お客さんの相手をし続けた。
オコ
オコ
そんな状態でも、小説を書き続け、YouTubeを更新し、ブログは400記事あります。

橋本利一
橋本利一
受賞できなかった、ブログも稼げなかった、YouTubeも収益化まで行かなかった。
そして、僕は昨年の11月に小説家の引退を宣言したんだ。
小説家を引退します僕の物語はここでお仕舞い ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 橋本は引退するのか? ...
オコ
オコ
橋本が生きる意味は物語を書くため、小説家になるために生きていました。
でも、インフルエンサーノベリストの活動は好きなことをやっているとはいえ、脳みそを回転させることには違いないので、大きなダメージを受けるんです。
橋本利一
橋本利一
小説を書くのを止めて、ブログの更新も止めて、YouTubeの更新も止めた。
自分の体のために夢に近づくのを止めたんだ。
オコ
オコ
しかし、うつ状態が改善することはありませんでした。
騙し騙し仕事に行って、薬を飲んで、寝るだけ。
12月の就寝時間は午後8時です。
脳みそを少しでも休めようと必死でした。
睡眠薬の効果は薄れ、夢と妄想と真っ暗な天井がごちゃ混ぜになっている夜が毎晩続きました。
橋本利一
橋本利一
夜中、おしっこに行きたくて目が覚める人は多いかもしれない。
でも、僕の場合は下痢で夢から覚める。
1時間、2時間、お腹が痛くてトイレが出てこられないうちに、新聞配達のバイクの音が聞こえる。
もう、朝だ。仕事に行かなきゃ。

なぜ、うつの自分を我慢しつづけるのか




オコ
オコ
橋本はこんなにも苦しいのに、なぜ我慢をし続けるんですか。
橋本利一
橋本利一
怖いからだよ。
フリーター時代に時給八百円台で働いていた記憶が蘇る。
働いても働いても、貯金は増えなかった。
休んでしまったら、またあのときに逆戻りするかもしれない。
今の会社に入るために、うつ病を抱えながら死に物狂いで転職活動をしたからね。
オコ
オコ
病気を抱えながら、また転職活動なんて正直死んだ方がマシかもしれません。
面接で落とされ続けるのは自信を喪失させます。
橋本利一
橋本利一
僕の周りには耐えている人しかいない。
一緒に住んでいる家族も、仲の良い友人も、会社の同僚や上司も、みんな耐えている。
いくら、Twitterでそんな会社はサクッと辞めてしまいましょうなんて言っても、身の回りのは誰もいないのは怖い。
オコ
オコ
助けてほしいって言わなかったんですか?
一緒に住んでいる家族や友人や会社の同僚や上司、みんな橋本が苦しんでいるのを見ているはずですよ。
橋本利一
橋本利一
助けてほしいって何度も言ったさ。
僕を救ってほしい、優しい言葉をかけてほしい、体調を気遣ってほしい、休んでもいいんだよ。
家族だから、友達だから、会社の同僚や上司だから。
でも、みんなだんまりなんだ………。
オコ
オコ
ど、どうしてですか!
だって、橋本は家にお金をきちんと入れてたし、家族が喜ぶならと色々とお手伝いをしていましたよ。
怠けて、ぼけえっとしてたわけじゃない。
友達だって数は少ないですけど、遊ぼうって誘われたときは体調が悪くても、薬を飲んで遊びに行きましたよね。
相手がつまらないと思わないように、会話を絶やさないようにコミュニケーションの工夫をしてました。
会社の同僚や上司にも、あれだけ会社はクソだ上司は無能だ、同僚は仕事ができない、お客様なんてと罵っていましたが、
実際には仕事の納期をきちんと守り、お客様対応も丁寧にやって、仕事ができない同僚や上司のサポートもしてました。
私はずっと、橋本の頭の中で、橋本のことを見てきました。
もちろん、橋本がやってきたことが全部相手のためになり、社会的に価値があったとは言いませんよ。
でも、人並み以上には頑張っていたと思います。
それなのに、どうして、誰も助けてくれないんですか!

僕は圧倒的に弱い、だからうつなのだ




橋本利一
橋本利一
みんな、僕よりも自分が一番なんだよ。
僕のことが自分を犠牲にしても守りたい、大切な存在なんだっていう人がいなかったんだ。
僕は自分のことよりも、まず、相手のことを優先させる。その上で、自分の夢を追いかけるという価値観だった。
でも、そういう価値観を持つ人は僕の周りにはいなくて、相手のことを優先させるという信念にタダ乗りされていたんだと思う。
オコ
オコ
酷すぎます……。
でも、私は橋本の頭の中に住む妄想のオコジョですから、助けられない私も同罪です。
橋本利一
橋本利一
そんなことないさ。
オコジョが頭の中で喋るという妄想があったから、僕は生きてこられた。
オコには感謝してもし尽くせないほどの、恩義を感じている。
あと、僕の病気を誰かのせいにしては良くないと思っている。
一番悪いのは恐怖に怯えきって、自分を追い詰めた自分自身にあると思う。
家族も、友人も、会社の同僚や上司を責めるつもりはないんだ。
オコ
オコ
誰かのせいにしない。
橋本らしいですね。
橋本はこれからどうするんですか?
橋本利一
橋本利一
まず、僕が強くなる必要がある。
今の僕は圧倒的に弱いんだ。
脳みそを恐怖で支配されて、相手の顔色ばかりを窺い、相手に機嫌一つにビクつく臆病ナメクジなのさ。
だから、うつなんだよ。
じゃあ、強くなるためにどうすればいいか。
僕は精神科の主治医と相談して休職することにした。
とりあえず、1ヶ月診断書を書いてもらって、今日、職場に出してきた。
オコ
オコ
おお、ついに休んだんですね!
良かった、良かったあ。
橋本利一
橋本利一
主治医に言われたのはこの1ヶ月、やりたいことをやってください。
寝ててもいいですし、ぼけえっとしててもいいです。
あなたの自由ですよと言われた。
だから、僕は自由になろうと思う。

決断して休職した結果、世界は金であると確信




オコ
オコ
愛情とか、友情とか、物語とか、キャラクターとか。
橋本はそういう目には見えないものを追いかけ続けてきました。
橋本利一
橋本利一
それが本質である。
と信じてきたからね。
でも、世の中は金だと間違いなく、確信した。
オコ
オコ
他人の顔色を窺う優しくて、温和な橋本は死にました。
今ここにいるのは、お金を稼ぐために、ビジネスを仕掛ける起業家です。
橋本利一
橋本利一
フリーターだった時代の僕と、今の僕とでは大きな違いがある。
それは知識と経験と積み上げてきた資産がある。
僕は僕が幸せになるためだったら、どんなことでもする。
そうここに誓うよ。
オコ
オコ
金があれば、保釈中に国外逃亡もできますからねw
金があり、法律を熟知していれば、どんなことでもできる。
日本みたいな先進国の法治国家であっても、カルロス・ゴーンを日本に送還させることは不可能でしょうから。

あなたが僕にできること




橋本利一
橋本利一
あなたが僕にできること。
それは僕に興味を持つことだと思う。
スマートフォンの画面の中で、橋本利一を見かけたら、ちょっとでも視線をやってくれると嬉しい。
オコ
オコ
色々な商品やサービスを販売する予定です。
様々な価格帯のものを用意するので、もしも興味があれば買ってみてください。
橋本利一
橋本利一
ブログやYouTubeやTwitterといった無料のコンテンツを見に来てくれるだけでも構わないよ。
あなたの中で、僕はインフルエンサーになりたい。
僕みたいになりたい、いいよね!橋本の言葉、オコジョカワイイ!
そんな幸せな一瞬を提供するのが、インフルエンサーノベリストだと思う!
オコ
オコ
今回の記事が刺さった人は是非とも、『小説家になりたいあなたに贈る物語』もチェックしてみてください!
きっと、刺さりますよ!

『小説家になりたいあなたに贈る物語』をチェックする!

小説家になりたいあなたに贈る物語インフルエンサーノベリストの商品誕生!! ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 干支にオコジョ...

小説家になりたい人におすすめの商品とサービス新規サービスをリリースします https://www.hassiy2.com/archives/5473 ...