物書きについて

小説家に学校の勉強は必要なのか?

不登校YouTuberから学ぶ学校教育の在り方とは?

少年革命家ゆたぼんさん

オコ
オコ
ゆたぼんさんって知っていますか?

オコ
橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。

橋本の頭の中の森でもYouTubeは視聴できる。

橋本利一
橋本利一
最近執筆で忙しいから分からないなあ。
お笑い芸人とか?

橋本利一
インフルエンサーノベリストを名乗る小説家。
YouTubeは視聴するより収録せよ。

オコ
オコ
ゆたぼんさんは不登校YouTuberとして活動されている小学生です。
橋本利一
橋本利一
へえ。
不登校YouTuberとかいるのか!
知らなかった。
オコ
オコ
とりあえず、動画を見てみてください!
橋本利一
橋本利一
( * ̄▽)o”_/|. [PC]
オコ
オコ
どうですか?
橋本利一
橋本利一
彼はとても聡明だね。
周りの子がロボットに見えたというのは、社会の本質を鋭く見ている
僕の職場も同僚は上司の言うことを聞くロボットにしか見えないよね。
おまけに、小説家を長くやっていると、ロボットがどんな発言をするか手に取るように分かるんだよ。
喋っていても楽しくないよね。
大人の世界でもそうなのだから、早めに気付くことができたゆたんぼさんはかなりラッキーだよ。
オコ
オコ
彼はかなり叩かれています。
ガキのくせに生意気だとか、義務教育くらいは卒業しないとだめだとか。
お父さんが暴走族だったとか。
橋本利一
橋本利一
叩いている輩のほとんどがロボットだと思うよ。
先生や上司の言うことを我慢して聞いているから、ズルしているゆたんぼさんのことを非難しているんだよね。
僕は学校教育はクソだなって思う。
今だったら、絶対に僕も不登校だよ。
勉強も先生の教え方が悪かったせいで、僕の成績は低かったからね。
おまけに、ゆたぼんさんのチャンネル登録者数は5万人もいるんでしょ?
充分収益化できているし、不登校でも生きていけるよね。
オコ
オコ
アンチに負けずに、不登校を訴えていければ生きていける。
義務教育の義務は大人に課せられたものですからね。
子供は反抗しても許されます。
橋本利一
橋本利一
世の中の子供たちはどんどん不登校になるべきだと思うよ。
学校が大好きなら行ってもいいけど、嫌いなら無理していかなくてもいいと思う。
不登校でも高卒の資格は取ることができるし、大学にも進学できるからね。
オコ
オコ
ゆたぼんさん。
これからは要チェックですね。

学校を辞めて小説を書く

オコ
オコ
小説を書くのに、学校の勉強は必要だと思いますか?
橋本利一
橋本利一
僕はいらないと思う。
僕は義務教育、高校と成績は底辺だった。
下から数えて10番目とかだったよ。
どうしてかっていうと、授業がつまらなかったから。
勉強より読書の方が楽しかったし、小説を書く方が重要だったから。
オコ
オコ
じゃあ、小説を書くのに、勉強は必要ないということでしょうか?
橋本利一
橋本利一
いや、小説を書くのに勉強は必要なんだ。
いらないのは先生が黒板の前に立って授業をする、平均的な勉強のこと。
小説のための勉強は必要だと思う。
オコ
オコ
学校の勉強と、小説のための勉強ってどう違うのでしょうか?
橋本利一
橋本利一
学校の勉強は受験のための勉強。
受験して良い大学に入って、良い企業に入社するための勉強なんだ。
会社に入るということは労働者になるってことだから、労働者のための勉強が学校の勉強なんだよ。
オコ
オコ
日本人のほとんどが労働者になるのは、学校の仕組みがそうなっているからなんですね。
橋本利一
橋本利一
小説家は労働者じゃないよね。
小説という商品を出版社に提供して印税という使用料をもらっている。
創作事業を営む社長だよね。
だから、学校教育には馴染まないんだよ。
オコ
オコ
なるほど。
確かに、その通りかもしれません。
橋本は高校まで勉強が大嫌いでしたが、大学に入ってから変わりましたよね?
日本大学芸術学部文芸学科で小説家になろう!!日本大学芸術学部文芸学科 ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 甲高い特徴的な声で物語を語...
橋本利一
橋本利一
勉強していないと、面白い小説が書けないことに気付いたんだ。
このままじゃあ、永遠にデビューできないと思ったら、やるしかないって思ったよ。
オコ
オコ
どういった勉強をしたんでしょうか?
橋本利一
橋本利一
全部だよ。
自分の目に見えるものは全て研究対象になるんだ。
例えば、僕がこうやってブログを書いているのも勉強のひとつ。
読者の反応を見て、どんな記事が読まれるのか、毎日研究している。
あとは、小説以外のことを書くことによって、文章に幅を出すように工夫をしているよね。
オコ
オコ
国語、数学、理科、社会、英語だけが勉強じゃないんですね。
橋本利一
橋本利一
あれだけが勉強だと思うから、勉強が嫌になるんだよ。
好きなことを勉強すれば、嫌にならないでしょう?
好きなことが見つからないって人は、異性の勉強をするといい。
好きな異性ができると人生は豊かになるからね。
勉強する価値はあると思うなあ。
オコ
オコ
でも、学校の勉強が嫌だから不登校になるって言っても、親が許さないのではないでしょうか?
橋本利一
橋本利一
説得すればいいと思うよ。
僕の親の不登校なんて、会社を辞めるなんて、何事だ!
ってタイプだったけど、説得したら変わった。
親を説得するためのコツだけどね。
まずは、自分が変わることが大事だと思う。
学校に行かなくても、勉強をしなくても、やっていけるところを見せれば、親も納得すると思う。
僕は小説を親に読ませた。
そうしたら、僕が小説家になりたいんだっていう本気さが分かってくれたんだ。
親を説得させるための小説を書くには、やはり勉強が必要だよね。
だから、小説のための勉強は必要なんだ。
オコ
オコ
小説の勉強をするために専門学校に通うのはおすすめですよ。
橋本利一
橋本利一
毎度おなじみ、アミューズメントメディア総合学院だよー。
無料体験授業はかなり評判がいいみたいだねー。
良かったですよーなんてDMがくるくらい。
オコ
オコ
自分は好きなことをして生きていく。
学校の勉強なんてゴミ箱に捨てて、好きなことを勉強しましょう。
きっと、勉強も好きになりますよ!
オコ
オコ
インフルエンサーノベリストラジオ
第6話~小説のネタ探し~を配信中です!