物書きについて

著者献本の活用法

たくさんもらっても困る?

ちょっとした茶番

オコ
オコ
Amazonプライムデーが7月16日にやってきます!

オコ
橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。

Amazonプライムデーは世界一物が売れる大セール。

橋本利一
橋本利一
買いたいなあって思うものがある人はこの日にどどんと買うといいよ。

橋本利一
インフルエンサーノベリストを名乗る小説家。
日用品から書籍までまとめ買いしておくのがおすすめ。

オコ
オコ
まずは、Amazonプライム会員になりましょう。
月額500円のサービスですが、配送料が無料になったり、映像コンテンツが見放題になります。
橋本利一
橋本利一
Amazonプライム会員は初月無料だから、今、登録をすればプライムデーに参加することができるよ。
オコ
オコ
kindle書籍の方も大セールをやっています。
7月16日まで限定ですが、30000冊以上の書籍が最大70%オフです。

 

橋本利一
橋本利一
人気がある名作を読める大チャンスだよね。
セール対象になっているおすすめ書籍は下記に並べておくよ。
created by Rinker
¥1,620
(2019/08/22 07:54:08時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,728
(2019/08/22 07:54:09時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,620
(2019/08/22 07:54:09時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
祥伝社
¥679
(2019/08/22 07:54:09時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
文藝春秋
¥1,728
(2019/08/22 07:54:10時点 Amazon調べ-詳細)

オコ
オコ
kindle Unlimitedも3カ月間99円のセールをやっています。
橋本利一
橋本利一
プライムセールとkindle Unlimitedを駆使すれば、たくさんの書籍が安く読める。
インプットは重要だから、この機会にたくさん本を仕入れておくことをおすすめするよ。

著者献本は無料で10冊くらいもらえる

オコ
オコ
著者献本って知っていますか?
橋本利一
橋本利一
知っているよ!
出版するときに、出版社から無料で著者に進呈されるやつだよね。
オコ
オコ
出版社によって貰える冊数は異なるみたいですけど、概ね10冊くらいが相場のようです。
橋本は著者献本を貰ったらどうしますか?
橋本利一
橋本利一
1冊は保管しておくとして、残りは家族や友人にでも配ろうかなあ。
オコ
オコ
o(`^´)θ蹴リッ!
インフルエンサーノベリストとしての自覚が足りませんよ!
橋本利一
橋本利一
ええ、だって10冊も家に置いといても仕方ないじゃん。
古本屋に売って、資金にするとか?
オコ
オコ
違います。
著者献本は絶好の広告宣伝ツールなんです。
橋本の友人や家族は、買ってくれますよ。
だって、橋本の本ですから。
だから、著者献本は橋本のことを知らない人に渡す必要があるんです。
橋本利一
橋本利一
なるほどね。
確かに友人や家族に渡しても仕方ないのかも。
オコ
オコ
最低でも無料で10人に配ることができます。
これは出版社が、自分でも広告宣伝をやってねという意味合いもあると思いますよ。
橋本利一
橋本利一
Twitterとかで配ってもいいかもしれないね。
そしたら、10冊じゃとても足りないかも。
オコ
オコ
ここで、事業投資をするんです。
自分の作品を仕入れて、無料で配る。
一見すると、馬鹿げた行為に思えますが、無料のコンテンツの重要性は以前語りましたね。
小説家は無料のコンテンツを用意する読者に信用されることが重要 ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 ドケチなオコジョ。 ...
橋本利一
橋本利一
無料のコンテンツはインターネット上のサービスだけじゃないんだね。
オコ
オコ
小説家は創作事業者なので、利益増大のために工夫する必要があります。
先見の明を持ち、きちんと投資をすれば、商品は売れます。
もちろん、小説という商品が良いものであるということに限りますよ。
新人賞を受賞したのなら、商業ベースに載せても問題はないと思うので、それは良いものと言えるでしょう。
橋本利一
橋本利一
個人の広告宣伝の手法は出版社や担当編集は教えてくれないだろうからね。
自力で実験をして、研究を重ねていくしかないと思う。
僕は個人のメディアミックス戦略が有効だと思っている。
メディアミックスをすれば売上が伸びる物語の多角化をする ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 働きすぎる橋本がちょっと心配 ...
オコ
オコ
小説という商品は、小説の面白さという車輪と、売上という車輪の二つが組み合わさって動いています。多くの物書き志望は小説の面白さのみを追求していますが、そこはレッドオーシャンです。
一方で、売上の増大のために小説家個人ができることを実践している人はとても少ない。
ここがブルーオーシャンだと思っています。
橋本利一
橋本利一
よく、自分の名前でGoogle検索をかけるんだ。
エゴサーチってやつだね。
そうしたら、某ちゃんねるに、僕の名前が書きこまれていたよ。
オコ
オコ
ほうほう。
どんなことが書いてありましたか?
橋本利一
橋本利一
有名な物書きじゃないけど、ワナビもあんな風になったらおしまいって書かれてた。
オコ
オコ
アヒャヒャ( ´∀` ´∀` ´∀` ´∀` )
某ちゃんねるは便所の落書きですよ。
ペンネームさえ持たない住民たちの怨嗟の声で満ち溢れています。
hakkk
hu
hasimotpo
橋本利一
橋本利一
過去にも晒されているからね。
彼らは某ちゃんねるというオワコンに書き込んでいる自分が、おしまいであることに永遠に気づかないんだろうなあ。
オコ
オコ
甘い果実にも虫は寄ってきます。
一匹ずつ殺してもキリがないので、無視して作業を続けましょう。
書き続けた者のみが、小説家になれる。
これは偽りようのない真実ですから!