物書きについて

小説家は0から1を作れる人

ゼロから何かを作る能力

ちょっとした茶番

オコ
オコ
0から1を作るのって難しいじゃないですか?

オコ
橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。

森の木を使って工芸品を作るのが趣味。

橋本利一
橋本利一
人によっては難しいだろうね。
世の中の多くの仕事は1を大きくしていくことの方が多い気がする。

橋本利一
インフルエンサーノベリストを名乗る小説家。
頭の中で0からオコを作り出した。

オコ
オコ
営業職とか事務職とかは1を大きくしていく仕事ですからね。
会社の商品やサービスをいかに大きく見せて客に売り込むか。
それだけを追求させられます。
橋本利一
橋本利一
0から1にするのって大変だし、1にしたところで、大きい物じゃないから、価値が付きにくい。
オコ
オコ
最近はココナラのようなサービスが登場しています。
自分が作った小さな1に値段を付けて売ることができますよ。
橋本利一
橋本利一
自分のスキルに価値があるということは多くの人が理解していないんだよね。
値段を付けようとしても、どうせ売れないし、やらない方がいいやではいつまで経ってもマネタイズはできないよね。
オコ
オコ
これからのクリエイターにはマネタイズが必須スキルになってくると思います。
印税だけじゃ食べられませんからね。
あなたのスキルに値段を付けて、ココナラで売ってみませんか?

0から1を作り出す仕事と、1を大きくしていく仕事がある

橋本利一
橋本利一
昨日は小説は現実の2次創作だっていう話をしたよね。
小説家は現実を2次創作している僕が見えている現実は普通の人とは違う ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 オコジョに祝日は存...
オコ
オコ
面白い考え方だなって思いました。
橋本利一
橋本利一
今日は0と1の話をしようと思う。
コンピューターは0と1で動いているのは知っている?
オコ
オコ
有名な話ですよね。
高度に発展したインターネットは0と1の世界で構成されているなんて、考えた人はとても優秀なんだなって思いますよ。
橋本利一
橋本利一
コンピューターは疑似的に何もない空間から1を生み出しているようにと取れるよね。
人間には0を1にする仕事をする人と、1を大きくしていく仕事をする人がいるんだ。
その割合は圧倒的に後者の方が多い。
オコ
オコ
どうしてでしょうか?
橋本利一
橋本利一
昨日の記事にも書いたけど、現実を現実としてしか捉えることができない人が普通な世の中だから。
現実に1は存在するわけだから、それをどういう風に大きく見せるか。
嘘や方便を駆使して売り込むことは単純で簡単でしょう。
営業職や事務職がそれに当たるよね。
もちろん、単純で簡単だけど、ミスや成果が出なかったら怒られる。
そういう意味では難しいのかもしれない。
小説家は現実を2次創作している僕が見えている現実は普通の人とは違う ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 オコジョに祝日は存...
オコ
オコ
0から1を作る仕事をする人は現実に違和感を覚えている。
そういう話でしたね。
橋本利一
橋本利一
そう。
違和感があるから、目に見える現実は0なのに、それは0ではなく何か別なものに見えてくるんだ。
世の中には存在しないものを作ることができる。
Appleを創設したスティーブ・ジョブズも、多分0を0として見てなかったんじゃないかな。
だから、イノベーション的な商品を生み出すことが出来たんだと思う。
created by Rinker
¥1,944
(2019/05/25 10:05:45時点 Amazon調べ-詳細)

オコ
オコ
0から1を作る人は天才なのでしょうか?
スティーブ・ジョブズは天才だと思います。
橋本利一
橋本利一
オコはApple信者だからなあ。
僕は天才なんてものはこの世界には存在しないと思うよ。
人類の脳みそにそんな差異は存在しないと思うんだ。
天才だと言われる人々は、影で猛烈に努力していると思う。
数え切れない程努力して
数え切れない程絶望して
数え切れない程継続して
圧倒的な行動力に、天才は宿るんだと思う。
オコ
オコ
0から1を作る人は圧倒的に行動しているのは間違いないと思います。
だから、天才に見られやすいのかもしれませんね。
橋本利一
橋本利一
小説家は天才しかなれないとは言えないけれど、0から1を作れる技術は必要だと思う。
0を0にしか見えない人に、この世には存在しない魔法を説得力がある描写で文章化することは難しい。
オコ
オコ
1を大きくすることしかできない人は、小説家には向いていないのでしょうか?
橋本利一
橋本利一
0から1を作れる技術を持つ人には劣るかもしれない。
でも、人間が誰でも備えている能力。
行動と継続と努力すれば、必ず小説家になれるよ。
オコ
オコ
最大の敵は諦めるということ。
橋本がいつも言っていますね。
橋本利一
橋本利一
諦めるという敵はいつも背中にいるんだ。
新人賞を受賞しても、満足して諦めるという人もいるらしいからね。

オコ
オコ
私が諦めるという敵と戦っておきますので、橋本は0と1を作る仕事に専念してください。
橋本利一
橋本利一
その鋭い牙があるなら、頼もしいね☆