小説を読みに行く

『小説を読みに行く』ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~

この子供、卑し系

ちょっとした茶番

橋本利一
橋本利一
ついに、読了したぞ☆

橋本利一
インフルエンサーノベリストを名乗る小説家。
カクヨム作品を初めて読んだ。

オコ
オコ
お疲れ様です。
( ^-^)_旦””
インフルエンサーノベリストの初めてのお仕事ですからね。

オコ
橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。

小説投稿サイトもいいものだなと思った。

橋本利一
橋本利一
この記事は熊ノ翁さんの提供でお送りしているよ!

 

オコ
オコ
熊ノ翁さんは、『小説を読みに行く』を初めて購入してくれた方です。
『小説を読みに行く』を販売しますあなたの小説を読みに行く ちょっとした茶番 インフルエンサーノベリストラジオを聴きに行く! オコ 橋本の頭の中に...
『小説を読みに行く』が完売しました完売御礼 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 橋本の商品が売れるとは思わなかった。 https:/...
橋本利一
橋本利一
売り出して、即日完売したからね。
ちょっと、びっくりだよ。
見えない需要を掘り出せたのかなあ。
オコ
オコ
熊ノ翁さんはラノベ作家を目指して精力的に活動されています。
書くことはもちろんですが、小説投稿サイトに読み行って、感想なども付けています。
橋本利一
橋本利一
熊ノ翁さんがやっている相互フォロー100%戦略は、これからも物書きには必要な戦略だと思う。
○○新人賞受賞。
フォロワー200人ですとか、話にならないよ。
受賞作が傑作で、めっちゃ売れれば必要ないけど、多くの人は凡人だからね。
人との繋がりは重要視するべきだと思う。
オコ
オコ
熊ノ翁さんは3000人近いフォロワーがいますからね。
新人賞を受賞したら、フォロワーに本を買うように訴求することができます。
橋本利一
橋本利一
呟きを見ると、今日やるべきことや食べたものを記録している。
これって、とても重要なことなんだよね。
僕も、公開してないけど、手帳にびっしりとやるべきことを書いている。
時間は何もしなくても過ぎていくじゃん?
惚けていたら、すぐに老人になって死んでいく。
普通の人が何も成し遂げられないのは、やるべきことを明確に理解していないからだと思うんだよね。
オコ
オコ
その点、熊ノ翁さんはやるべきことを理解している。
ラノベ作家という夢を成し遂げるために、今日やるべきことをきちんと言葉にして発信しています。
橋本利一
橋本利一
熊ノ翁さんはブログをやっていないけれど、Twitterをブログみたいにしているよね。
美味しそうなものも食べているし、サクッと食べ物のAmazonリンクを貼れば収益化できそう。
オコ
オコ
相互フォロー100%ですからね。
あなたも熊ノ翁さんのTwitterをフォローして、物書きの輪に入りませんか?

橋本利一の感想

熊ノ翁、彼は本当に人間なのか?
実り豊かな森で物語を食らう熊なのではないのか?
魑魅魍魎と広がるTwitterの混沌には、たくさんの住人が住んでいる。私が出会ったのは物語を食う熊だ。熊にTwitterのアカウントが作れるわけないだろう。そう言われてしまうかもしれないが、世の中には人知の及ぶところではない奇跡が存在するのである。
熊ノ翁が書いた『ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~』は、森の主である熊だからこそ書けた物語の他ならない。
私は小説投稿サイトを侮っていた。なぜなら、未完の作品も世の中に公開することができるからだ。物語は完成させてこそ、価値があると思う。故に私は小説投稿サイトの作品を投稿することなく、人知れず物語を書き続けてきた。
しかし、『ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~』に出会って、私の価値観は大いに覆された。物語は完成していなくても、人の心を動かし、感動させることができる。偉大なる漫画『ワンピース』もまだ完成していないではないか。
『ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~』を知らない諸君に、私が概要をお話しよう。
世は現代文明が滅びてしまった未来。孤児であるピイは滅び去った現代文明遺跡で願いを叶える魔法のランプを見つける。しかし、そのランプから出てきた妖精はピイのトンデモナイ願いを叶えてしまう。トンデモナイ願いのせいで、賭場に転がるダイスのように運命を翻弄されることになったピイ。その未来に明日はあるのか!!
この物語の売りは魅力的なキャラクターだ。物書き初心者に、魅力的なキャラクターってどういう風に書くんですかと訊ねられるが、私は『ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~』を読んで勉強しろ。ピイは魅力的だろうと答える。なぜなら、熊ノ翁はまだプロの物書きではない。編集の手が入っていないにも関わらず、独学でキャラクターを動かしているのだから、物書き初心者は背筋を正して、キャラクターのイロハを盗み取るべきである。熊ノ翁のキャラクターが魅力的なのは、テンポが良い会話文にあると思う。実際に口にしてみると、違和感がないことに気づくだろう。彼らは生きた言葉を喋っているのだ。この芸当を素人がやっているのは、驚嘆するべき事実である。
小道具の使い方も、実に優れている。ファンタジー愛好者の心を擽るような言葉が随所に配置されているのだ。私は、市場で野菜を売るシーンが好きだ。経済ファンタジーの王道、『狼と香辛料』のような駆け引きが、私の心を踊らせる。おまけに、ファンタジーにありがちな創作野菜ではなく、現実にあるものを登場させていることに好感を覚える。何でもかんでも創作すればいいというものではない。読者は非日常を求めているものの、住んでいるのは現実であるため、リアリティというものも要求するのだ。読者は我が儘であるが、それに応えるのが物書きとしての仕事だと言えるだろう。
『ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~』は未完だ。熊ノ翁によれば、森で採れた物語をたっぷりと摂取して、更に磨きのかかった物語に仕上げてくれるとのこと。目指すは来年のファミ通文庫大賞を考えているらしい。KADOKAWA系列だし、上手い具合に行けば、受賞に届きうるレベルになると思う。今後の物語の展開に期待したい。

 

オコ
オコ
私って誰ですか?
いつもの橋本じゃない……。
橋本利一
橋本利一
純文学を書くときはこんな文体で書いているんだよね。
オコ
オコ
小説家って七変化するんですね。
橋本利一
橋本利一
まあ、こんな感じで文學界新人賞の2次選考通過したからなあ。
文学界新人賞二次選考通過橋本の文章は純文学でも通用する!! 橋本はライトノベル畑の人間 橋本は元々、ライトノベル畑の人間なのです。中学時代から始まった読書遍歴は...
オコ
オコ
1200字もありますよ。
応募原稿1枚分くらいの分量の感想を良く書けますね。
橋本利一
橋本利一
全部ネタバレしていいなら、10枚くらいは感想書けるけどね。
そのくらい面白かったし、才能あるなって思った。

ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~の評価

・ストーリー:A
・キャラクター:A+
・設定:A
・オリジナリティ:B+
・文章力:A+

 

橋本利一
橋本利一
いやあ、僕のような凡才の物書きは他人の作品を評価するなんて申し訳ないけれども、作者に物語を客観視してもらうためには必要かなと思って、評価してみたよ。
オコ
オコ
あくまで、橋本の主観による評価ですからね。
予備選考通過や受賞の保証はできません。
橋本利一
橋本利一
全部A+にして受賞確実!にしても良かったんだけどね。
世の中に完璧で完全な物語は存在しないから、辛めの採点にしてみた。
オコ
オコ
キャラクターや文章力は申し分ない感じですね。
オリジナリティがB+なのはどうしてでしょうか?
橋本利一
橋本利一
既存の物語を切り取って、上手くアレンジできているんだけど。
既視感がある箇所がいくつかあったから、そこで読者の思惑を裏切るように物語を展開できれば、尚よしかな。
オコ
オコ
魔法のランプの使い方は実に見事だったですけどね。
橋本利一
橋本利一
成功している箇所もある。
欲張るなら全てで、読者の思惑を裏切れると物書きとしては理想かな。

 

良いところ、改善点

良いところ
・キャラクターが生き生きとして魅力的。
・文章に迫力があり、描写力に優れている。
・会話が絶妙であり、違和感がない。
・日本語がきちんと使えている。
・ライトノベルとしての完成度が高い。

改善点
・序盤から風呂敷を広げすぎている、クリスチーヌ視点との振れ幅が大きく、物語を理解するのが遅延。
・カクヨム連載形式のためか、章ごとに出だしを凝りすぎている。書籍化したときに物語の流れの分断になるかもしれない。
・クリスチーヌとピイのキャラクターが強すぎて、他のキャラクターが薄れてしまう。まあ、これは今後の物語の展開次第。
・早く続きを更新して(個人的な要望)

橋本利一
橋本利一
ぶっちゃけ、改善点は気にするほどのことでもない。
良い編集さんが付けば、間違いなく書籍化できるレベルだから、僕の意見は無視しても充分受賞まで届くと思う。
オコ
オコ
橋本の受賞するという予言は結構当たります。
今までに二人、この作品で受賞するよと言って、本当に受賞しました。
橋本利一
橋本利一
熊ノ翁さんの作品は本当に面白いから、自信持っていいよ。
インフルエンサーノベリストとして太鼓判を押すよ。

 

まとめ

橋本利一
橋本利一
『小説を読みに行く』を購入してくれれば、こんな感じのサービスを提供できるよ。
オコ
オコ
1つの作品に対してここまで、熱く語っているブログもなかなかないと思います。
橋本利一
橋本利一
買ってもらったからには誠実に対応したいからね。
今の僕にできる最大限の力を出し尽くしたよ。
オコ
オコ
ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~は魅力たっぷりの物語ですからね。
是非とも、読んでみて、橋本の感想や評価と比べてみると面白いかもしれません。
橋本利一
橋本利一
将来のヒット作になるかもしれない物語を、今から追いかけるのも結構面白いと思うよ。
ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~はそういう物語になると思う。

 

オコ
オコ
『小説を読みに行く』を再版しています。
あなたの作品を読んで、本記事のような感想を添えて、大々的に宣伝をします。
ご興味のある方は下記リンクからどうぞ!