インフルエンサーノベリスト戦略

『小説を読みに行く』を販売します

あなたの小説を読みに行く

ちょっとした茶番

オコ
オコ
橋本がYouTubeデビューをしました。
感想はどうですか?

 

オコ
橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。

あとがきの茶番は本当に酷い。裏声はやめろw

橋本利一
橋本利一
動画作るのって大変だよね。
ヒカキンさんって本当に凄い人なんだなと改めて実感した。

橋本利一
インフルエンサーノベリストを名乗る小説家。
YouTuberとして、好きなことをして生きていく。

オコ
オコ
動画作成とブログ記事の執筆って違いますか?
橋本利一
橋本利一
そりゃあ、違うよ。
文章は考えたりしながら書けるし、言葉を削ったり、足したりできるけど、動画作成はそうはいかない。
もちろん、編集をすることで、細かい調整はできるんだろうけど、
僕にはまだ技術がないからね。
オコ
オコ
何回かリテイクをしながら、音声を録音していましたね。
台本とか用意しないんですか?
橋本利一
橋本利一
台本とかプロットとか設計書とか時間の無駄じゃんって思っちゃうんだよなあ。
台本に頼っちゃうとアドリブって絶対に出てこないんだよ。
このブログも下書きなしで作っているんだけど、
もしも、下書きがあったら、オコを登場させようなんて考えつかなかったかも。
オコ
オコ
私の存在って、橋本のアドリブから生まれたんですね。
橋本利一
橋本利一
本番を積み重ねていったほうが、より大きな経験を積むことができて、技術も向上する。
そして、時間をかけて台本を用意しても、いざ本番のときには全く無視するなんてザラにあるんだよね。
オコ
オコ
橋本の本業は台本やプロットや設計書を作ることに多くの時間を割いている職業ですけどね。
橋本利一
橋本利一
本当に時間の無駄だなとは思っている。
本番で失敗できないなんて思っているんだろうけど、失敗しないと成長はないからね。
オコ
オコ
橋本のアドリブのせいで脱線しました。
YouTubeを始めた理由はなんでしょうか?
小説家はYouTuberになるべき小説を書くだけでは本は売れない ちょっとした茶番 オコ 橋本の頭の中に住んでいるオコジョ。 Amazonで買い物をす...
橋本利一
橋本利一
やっぱり、動画と音声を攻略するって重要だよ。
小説って言葉の芸術だけどさ。
宣伝、広告の手段は言葉じゃなくてもいいわけじゃん。
映像メディアにお客を取られていて、出版業界は衰退しているらしいけど、
小説家もどんどん映像メディアにコンテンツを出して、
お客を奪い返せばいいと思うよ。
娯楽という側面では負けているかもしれないけど、
学びという側面では文学に分があると思うからね。
オコ
オコ
広告宣伝の一環として、小説家がYouTubeにチャンネルを持つのは戦略として優れていると思います。
小説を売りたい気持ちが一番強いのは作者のはずなんです。
出版社は他にも作家を抱えているし、売れればいいかなくらいにしか思っていません。
特に、新人に大きな広告宣伝費は付けてくれないと思いますよ。
橋本利一
橋本利一
だから、デビュー前の今から、発信力をつけておくことは重要だよね。
インフルエンサーノベリスト、橋本利一として1万部くらいは売りたいよね。
オコ
オコ
100万人の経済圏を橋本が作れば、1万部くらいは余裕ですよ。
橋本利一
橋本利一
コツコツしかないよなあ。
オコ
オコ
というわけで、インフルエンサーノベリストチャンネルの登録をお待ちしています。
とりあえず、1000人のチャンネル登録を目指します。

自分の小説を読んで欲しい需要はある

オコ
オコ
RTした人の小説を読みに行くっていうタグありますよね。
結構RTされているのを見ると、需要はありそうですよ。
橋本利一
橋本利一
個人的には素人さんの小説を読みにいくのは苦手。
商業出版されている小説と比べると、文章になってない作品がほとんどだし、物語として面白い作品も少ないからね。
昔はよく素人さんの作品を読んで勉強をしていたけれど、具体的にきちんとした感想を書くと、
お前の目が悪いとか。
一生懸命書いたのに酷いとか。
オブラートに包んだ言い方をすると、つまらないってことですか?
はっきり言ってくださいとか言われるからね。
読むのが億劫になると、読むって言った手前、相手に申しわけなくなるんだよなあ。
オコ
オコ
小説家になろうに常駐して、感想や評価を付けまくっている人も才能ですよね。
素人の作品を読みに行く意欲もすごいし、きちんとした評価を述べられる人はあまり多くないですから。
橋本利一
橋本利一
まあ、そんなわけで、素人さんの作品を読み行くのは止めたんだけど、有料でならいいかなと思うんだよね。
オコ
オコ
おお!
インフルエンサーノベリストの新しいサービスですか。
橋本利一
橋本利一
『小説を読みに行く』を販売しようと思う。
提供するサービスと価格については下記にまとめてみたよ。
『小説を読みに行く』

・定価は2,980円
・購入前に@hassiy2のDMにてご相談ください。
・購入者が多い場合はサービスの提供までに時間がかかることがあります。
・返金は承っておりません。
・文字数は応相談。20万文字程度まで対応予定。
・販売はブログ内で行います。
・サービス内容として
※1200字程度の感想文を書きます。
※電撃大賞評価項目に準拠したA~Cの評価を行います。
※あなたの作品の良いところ、改善点を、橋本独自の視点でアドバイスします。
※本ブログ、YouTubeアカウントにてあなたの作品をテーマに記事と動画を作ります。(希望者のみ)
※小説家になろう等の小説投稿サイトに掲載作品の場合は、
リンクを@hassiy2に固定ツイートとして1週間掲示いたします。

オコ
オコ
キャッチフレーズは『呑み会1回分の値段でサクッと小説を読みに行く』
橋本利一
橋本利一
2980円はかなり安いと思う。
ちゃんと感想も書くし、宣伝もやるよ。
オコ
オコ
どうして、こんなに安いのでしょうか?
橋本利一
橋本利一
中学生や高校生にも買ってもらいたいからね。
僕が学生時代の頃にこんなサービスあったらいいなあと思っていたんだ。
オコ
オコ
中学生や高校生はクレジットカードを持ってないかもしれないですけどね。
橋本利一
橋本利一
そういう場合はkyashを利用してもらう。
保護者の了解があれば、未成年でも利用できるプリペイドカードだよ。
VISAだから、余裕で決済できるよ。
オコ
オコ
クレジットカードを保有していない人もサービスを利用できますね。

橋本利一
橋本利一
新人賞を受賞して箔が付いたら値段を上げようと思う。
オコ
オコ
橋本が誠意を持って対応すれば、良いサービスになると思います。
橋本利一
橋本利一
どんなサービスを提供してくれるか気になる人は下記リンクをチェック!
『小説を読みに行く』ハートフルデイズ~猫と子供と核爆弾~この子供、卑し系 ちょっとした茶番 橋本利一 インフルエンサーノベリストを名乗る小説家。 カクヨム作品を初めて読んだ...
オコ
オコ
小説投稿サイトに投稿している作品だと、ブログで宣伝してあげることもできますね。
橋本利一
橋本利一
プロの小説家さんが買うこともあるかも?
そうしたら、Amazonのリンクを貼って誘導することもできる。
オコ
オコ
インフルエンサーノベリストの初めての商品。
ご購入お待ちしています!

『小説を読みに行く』を購入する!